上手に摂取をする

できる方法で摂取しよう

体に欠かせない酵素ですが、食物だけでなくドリンクなどでも摂取できるようになっています。そして、調理方法を工夫することで、通常の倍の量の酵素を摂取することができるようになり、体の調子を整えることができます。できる方法で酵素を摂取して、健康的な生活を送れるようにしましょう。

摂取のコツ

飲料

沢山摂取したい

実は酵素の量を倍にする方法があります。それは、すりおろしです。野菜や果物は、すりおろすことによって酵素の量が三倍近くになることがあるとされています。簡単なものだと、よく和食で目にする大根おろしがあります。大根おろしにはでんぷんを分解する働きを持ったアミラーゼ、脂肪分解の働きがあるリパーゼ、最後にたんぱく質を分解するプロテアーゼといった酵素が豊富に含まれているのです。脂肪分解の働きを持っていることから、サンマやサバなどの青魚に大根おろしが添えられているのは、健康面での理にかなっていると言えるでしょう。付け合わせるものには、それなりの理由があるのです。

フルーツで酵素を摂る

果物からも酵素を摂ることができるのですが、日本の食生活は果物を食べる機会が極端に少ないのが現状です。好き嫌いの問題ではなく、皮をむいたり種を取るのが面倒くさいという理由から果物を食べない人もいるのです。最近では皮が剥かれカットされて、すぐに食べることができるものもありますので、それを利用してみるといいでしょう。それ以外だと、最近はやりのスムージーがあります。スムージーはボリュームがあって満足感を得られることから、朝食に勧められています。

干したものからも摂れる

酵素は加熱すると壊れてしまいます。このことから生野菜や果物で酵素を摂取している人が多いです。ですが生の状態だと体が冷えてしまいます。ですが、それを気にせずに酵素を摂取することができます。それは天日干しです。野菜や果物は天日干しをすることによって、栄養素が凝縮されるのです。つまり、酵素だけでなく通常よりも栄養価が高い野菜や果物を食べることができるのです。天日干しは簡単にできるので、実践してみるといいでしょう。野菜や果物以外だと海藻もオススメで、生の昆布やわかめがベストです。

ドリンクで摂取する

酵素はドリンクでも摂取できる、という情報が出回っています。ですが、これは誤解です。実は酵素ドリンクには酵素そのものではなく、体内酵素を増やすためには欠かせない野菜のエキス、そして生きている酵母菌が多く含まれた補酵素食品と呼ばれているものなのです。つまり、酵素ドリンク自体には酵素そのものは入っていないのです。なので、酵素ドリンクは正確にいうと、補酵素ドリンクというものになるのです。酵素が入っていたとしても胃の中で分解されてしまうのです。そのため、ドリンクを飲む際には、食物などから酵素を取り入れることも忘れてはいけません。

プチ断食に向いている酵素

ドリンクタイプの酵素ですが、補酵素効果のものだけではありません。ちゃんとした酵素100%の酵素ドリンクもあります。100%の酵素ドリンクには栄養が豊富に含まれていることから、プチ断食の際の栄養補給に最適と言われています。断食というとダイエットのイメージがありますが、内臓を休ませることもできるのです。食べ過ぎなどで内臓が疲れているように感じた際、酵素ドリンクでのプチ断食を検討してみるといいでしょう。栄養が豊富に含まれているので、必要な栄養素をちゃんと摂取することができますよ。